蜂の巣駆除を依頼する際はまずハチについて学ぼう

蜂の巣を作りやすい場所

最近では都心部でもハチに刺されて亡くなる方の数が増えてくるようになってきました。この原因の多くは、キイロスズメバチやコガタスズメバチといった種類のスズメバチです。

ハチの被害にあう人の数は徐々に増加してきており、現在では高層ビルなどの建物に住んでいる方でもハチの被害を受けるようになってきました。

オオスズメバチは体長が他のスズメバチよりも大きく、主に地中や木の洞などに巣を作ります。特に10月はオオスズメバチの最盛期であり、狂暴性がとても高くなるため注意しなければなりません。逆に最も小さいのがキイロスズメバチで、大きいものでも体長は20ミリほどにしかなりません。

巣は木の枝や洞などに作るのが一般的ですが、住宅の天井裏や軒下などにも巣を作ることがあります。コガタスズメバチは軒下などの開放空間に巣を作る習性を持っており、体の大きさは28ミリほどのサイズであることが多いです。

back to top